地球さんご賞展【ざぶん賞2021 九州・沖縄ブロック アート作品展】<好評開催中>

地球さんご賞展<ざぶん賞2021 九州・沖縄ブロック アート作品展>

 

期間/51日(日)~724日(日)

会場/八女民俗資料館(八女伝統工芸館に隣接)

 

「ざぶん賞」とは、生命の源である「水」を主題に「生命」「環境」の大切さを理解し、自助・共助の精神で行動できる若人の育成を目指し、金沢市を本部に創設、全国的に展開された事業でした。

 

今回展示している作品は「ざぶん賞2021 第15回九州・沖縄ブロック応募作品」1806点の中から選ばれた優秀作品18点に、挿絵画家「西のぼる氏」をはじめ本事業に賛同し協力いただいた八女筑後地区のアーティストや地元関係のアーティストが挿絵を描き入れてアート作品に仕上げたものです。

 

これまで様々な「ざぶん賞」事業を展開してきた「矢部川ざぶん塾【黒木】実行委員会」は、2022年度より八女市出身 で直木賞作家の「安部龍太郎氏」を実行委員長とする「地球さんご賞」(本部:東京都)の支援のもと「地球さんご(3×5)賞八女実行委員会」として事業を推進しています。

 

『地球さんご賞』は、人間が持つ3つの能力(見る・考える・行動する)で全人類が直面している5つの地球環境問題(地球温暖化・海洋汚染・水質汚染・大気汚染・森林破壊)にどう立ち向かうかを考え、かけがえのない地球を守ろうというプロジェクトです。

 

2022年度も私たちにとってかけがえのない命を育む地球の水・海・空気・森林に関係した小・中学生の作品を募集しています。

 

主催/地球さんご賞八女実行委員会

問い合わせ先/sango.yame@gmail.com