ブツマ展~あるべき仏壇のかたちを探る

「ブツマ展2 ―あるべき仏壇のかたちを探る―」企画展&トークイベント 開催のお知らせ

  「暮らしと祈りの『間』を考え直す」というコンセプトのもと、媒体としての仏壇のあるべきかたちを探る「ブツマプロジェクト」。八女福島仏壇仏具協同組合が主催となり、取り組んでいるプロジェクトです。そんなブツマプロジェクト主催で、2020年1月11日(土)~1月19日(日)にて、福岡・六本松蔦屋書店にて「ブツマ展2―あるべき仏壇のかたちを探る―」を開催します。

  仏壇における最低限の形式を最小限の形状に落とし込んだ「ブツマ展1(会期:2019.2.26~3.3)」に次ぐ今展示では、仏壇を仏壇として成立させる上で最低限の要素であるとされる、本尊および須弥壇と三具足(花立・香炉・燭台)の歴史的背景や意味など、仏壇というフレームによって境界を区切られた「中」で展開されるかたちについて考察します。

  会場では、仏壇と仏具についての考察展示とともに、ブツマプロジェクト監修で作られた新たな仏壇と仏具のプロトタイプも展示します。(仏壇については、受注販売も予定しています)。

また、「ブツマ展2」の開催を記念し、改めて仏教の視点から仏壇の意味と、暮らしの中の祈りとの関係性について、より理解を深めいただくためのトークイベントも開催します。ゲストとして、「未来の住職塾」にも所属する僧侶である、神崎修生さん(信行寺 副住職)と清水谷勇哲さん(香福寺 副住職)をお招きし、仏壇・仏教の捉え方や日頃の疑問についてお話を伺います。ぜひ足をお運びください。

 

〇企画展について
企画名:ブツマ展2 ―あるべき仏壇のかたちを探る―
会期:2020年1月11日[土]~1月19日[日]
場所:六本松蔦屋書店 アート・展示スペース(福岡県福岡市六本松4-2-1 2F < M A P >)
概要:ブツマプロジェクト監修の仏壇および仏具の展示。(一部受注販売も予定)

 

〇トークイベント開催概要
「伝統としての仏壇。本質としての祈り」※要申込み
日時:2020年1月12日[日]15:30~17:00
会場:六本松蔦屋書店 アート・展示スペース(福岡県福岡市六本松4-2-1 2F < M A P >)
参加費:無料
お申し込み:u-info@unagino-nedoko.net


八女の伝統工芸品展 in アクロス福岡

「八女の伝統工芸品展~時代を超える匠の技~」が1月22日(水)~26日(日)午前10時~午後6時まで福岡市天神のアクロス福岡2F匠ギャラリーにて開催されます。入場無料です。皆さまのお越しをお待ちしております!!

 

● “八女の伝統工芸品総選挙”開催します・・・投票された方の中から抽選で、八女の特産品が当たります。
● 1月25日(土)・26日(日)1Fコミュニケーションエリアにおいてインストラクターによる八女茶の試飲販売を行います。
● 実演・体験(有料)・・・仏壇、提灯、石灯ろう、竹細工の実演。仏壇、提灯、手すき和紙、和こま体験
● 展示・販売・・・八女福島仏壇、八女提灯、八女石灯ろう、八女手すき和紙、八女和こま、八女矢ほか
● 粗品進呈・・・期間中、体験(有料)・商品お買い上げいただいた方先着200名様に八女茶をプレゼント!!

■ お問い合わせ/アクロス福岡匠ギャラリー企画展連絡会議「やめ」事務局 TEL:0943-24-3941


”日本一”大きな仏壇のすす払い

<< 福岡 NEWS WEB >>12時27日18時55分

”日本一”大きな仏壇のすす払い

http://bit.ly/2Fbbf3I

新年を前に、仏壇の生産が盛んな八女市では、地元の職人たちが高さ6メートル余りの大きな仏壇のすす払いを行いました。

八女市にある「八女伝統工芸館」には、地元のものづくりの技術を知ってもらおうと、平成4年に作られた高さ6.5メートル、幅およそ4メートルの日本一とされる大きな仏壇が展示されています。新年を前に、27日は恒例のすす払いが行われ、地元の仏壇職人や小学生ら、あわせておよそ30人が参加しました。

掃除は、仏壇に傷がつかないよう竹の先に柔らかいダチョウの羽根をつけたほうきで行われ、参加者たちは仏壇の隅々まで羽根をあてて1年間のほこりを丁寧に払っていました。また、金ぱくのはがれた部分を補修する作業も行われ、職人たちが慎重に金ぱくを張り替えて新年を迎える準備を整えていました。

「八女福島仏壇仏具協同組合」の鶴信行理事長は、「多くの職人が力をあわせて作る八女の仏壇の技術をこれからも発信していきたい」と話していました。

 


八女観光物産館ときめき~お正月にむけてのお薦め商品~

お正月飾り

 

手づくりのクラフト小物です。和洋どちらにもあうお正月飾りです。

干支の置き物

 

ちりめんの生地を使用して手づくりしています。縁起がよいとされる俵と干支のねずみの置き物です。

干支の置き物・下げ飾り

 

2020年の干支「子」。ちりめん生地を使用して、ひと針ひと針手縫いしています。

八女の地酒

 

八女市内の蔵元のお酒です。美味しい八女のお酒で新年を迎えられてはいかがでしょうか?※通信販売は行っておりません



小学校での伝統的工芸品教育事業

12月17日(金)午後、八女市内の某小学校にて八女福島仏壇仏具協同組合と八女提灯協同組合による「伝統的工芸品教育事業」が開催されました。

 

子どもたちは「お箸の金箔張り」と「提灯づくり」と2クラスに分かれて、八女の伝統工芸の素晴らしさと奥深さを体験してもらいました。