ミクロ工芸 石井岳城展

ミクロ工芸

石 井 岳 城 展

 

◆ 期 間/32日(土)~11日(月)

◆ 時 間/9時~17時(最終日12時まで)

◆ 会 場/八女伝統工芸館 1F 特設会場

 

【入場無料】

 

■ 共 催/石井岳城・八女伝統工芸館

■ 後 援/八女市・八女市教育委員会

■ お問い合わせ/(一財)八女伝統工芸館<TEL:0943-22-3131


「雛人形・箱雛」好評展示中 in 八女伝統工芸館

まつり期間中、1F開放工房にて箱びなを中心に、雛人形を展示中。八女の春を代表するおまつりを家族やお友だちといっしょにお楽しみください!!

 

◆ 第27回 雛の里 八女ぼんぼりまつり  【 2月11日(日)~3月10日(日)】

◆ ぼんぼりまつりパンフレット【表面】 

◆ ぼんぼりまつりパンフレット【裏面】

 

◆ 箱雛<はこびな>」について ◆

 

仏壇、提灯、手漉き和紙など伝統工芸品を育んできた匠の里「八女」。

八女地方独特の雛人形「箱雛」は、江戸時代後期から昭和の半ばまで八女福島の仏壇店や大工の副業として、注文に応じて作られていました。杉や檜を利用して作ったふたつの箱に男雛・女雛の一体ずつを収納したもので、衣装には仏具の布を利用し、冠などの金具には提灯の部品を利用するなど、まわりにある材料を上手に利用して作られていました。


昭和30年代に入り、現在のような飾り方の雛人形が全国的に普及し、八女地方でも一般的な飾り方で飾るようになると、箱雛の注文も減り、やがて作られなくなりました。

箱雛が、単なる鑑賞のためでなく、郷土雛(地方独特の雛)の枠を越え、ひとつの時代と文化に裏付けされて生まれてきたものであることを感じていただければ幸いです。


第27回 雛の里 八女ぼんぼりまつり

第27回 雛の里 八女ぼんぼりまつり

 

箱雛の発祥の地であり、古くから雛人形を作り続けている八女。雛人形のふるさとがおくる「雛の里・八女ぼんぼりまつり」の季節が今年もやってきました。早春の八女を代表するまつりを家族やお友だちとお楽しみください!!

 

第27回 雛の里 八女ぼんぼりまつり

 

ぼんぼりまつりパンフレット【表面】

 

ぼんぼりまつりパンフレット【裏面】


上野焼バレンタイン猪口(チョコ)展<終了しました>

八女伝統工芸館にて「第17回 上野焼バレンタイン猪口(チョコ)展」が2月9日(金)から14日(水)に開催中。15日(木)からは「上野焼展」として展示会が開催されます。

上野焼ホームページ/ https://www.aganoyaki-fukuchi.com/


上野焼 ろくろ体験 in 八女伝統工芸館<終了しました>

国指定伝統的工芸品(福岡県)

上野焼 ろくろ体験

 

所要時間は15分程度です。体験されたました作品は、1ヶ月後、郵送(※着払い)いたします。この機会にぜひ「上野焼体験」に挑戦してみませんか?

 

【日  時】

 210日(土)、11日(日)、12日(月・祝)、23日(金・祝)、24日(土)<5日間>

【受付時間】

 9:00 ~ 15:00

【体験料】

 1,500 円(材料費込)

【主催】

 上野焼協同組合/http://www.aganoyaki.or.jp/


八女の陶芸家五人展<終了しました>

八女の陶芸家五人展

 

● 星野焼 源太窯/山本 源太

 https://www.crossroadfukuoka.jp/spot/10629

 

● 星野焼 十篭窯/丸田 修一

 https://www.crossroadfukuoka.jp/spot/10630

 

● 星野焼 錠光窯/山本 拓道

 https://www.crossroadfukuoka.jp/spot/10642

 

● 鑑月焼 御前窯/渕之上 伸一

 https://www.instagram.com/gozengama/

 

● 男の子焼/柳屋 栄

 https://onokoyakinosato.com/

 

期間/122日(土)~2024131日(水)<休館日/月曜日|年末年始12月29~1月3日>

時間/9時~17時

場所/八女伝統工芸館 1F 特設会場

 

【入場無料】※展示販売いたします。