<八女福島文平座公演> 『父と暮らせば』

<八女福島文平座公演>

『父と暮らせば』

昭和23年 広島・・・敗戦から3年 原爆を乗り越えた娘の前に父がかえってきた!!

期日/87日(土)・8日(日)

時間/11:00~12:30 ・14:00~15:30(2回公演/日)

前売り・当日/大人2,000円 中学生以下1,000円

※各公演定員30名

お問い合わせ/八女伝統工芸館(0943-22-3131)・文平座(080-5377-2690)

今回の「父と暮せば」は、井上ひさしさんの原爆3部作のひとつで、名作と言われるお芝居!!

昭和23年。戦争が終わって3年。被爆しながらも生き延びた福吉美津江は、広島の市立図書館で働きながら孤独に生きています。ある日、美津江の前にひょっこりと父があらわれます。原子爆弾で死んだはずの父。娘を思い、生きる力を取り戻させようとする父の幽霊。

母を早くに亡くし、父の手で育てられた美津江。父の出現で、美津江は幼い頃の自分に戻ります。そして父と暮した思い出をたどりながら、目の前で父が死んでいく姿を見なければならなかったあの8月に心の奥底に刻まれた思いへと導かれ、生きる力を取り戻していきます。これは、父の幽霊と娘が必死に心と向き合う、復活と再生の物語なのです。

今回は父・竹造と娘・美津江をダブルキャストで上演します。ご来場をお待ちしております。


浜武武士個展

浜 武 武 士 個 

〈TAKESHI HAMATAKE〉

 

少しだけ動きづらくなった、モノクロの世界。ふるさと八女の風景を極彩色に描いてまわりました。あなたの心が彩りであふれますように。

 

87日(土)~829日(日)

9:00~17:00(入場は16:30まで)休館:月曜日

八女伝統工芸館 開放工房

【入場無料】

 

浜武武士[画家・デザイナー]

八女出身。東京で商業デザイナー、久留米市でパッケージ設計等サラリーマンをしながら作品を制作。2021年よりフリーランスとして活動。

  • 2013年第62回久留米市総合美術展(デザイン)久留米市長賞(大賞)
  • 2014年第70回福岡県美術展(デザイン)岩田屋三越賞
  • 2017年第66回久留米市総合美術展 久留米市長賞(大賞)、第73回福岡県美術展 福岡県知事賞(大賞)
  • 2018年福岡県立美術館にて初個展
  • 2019年全日本アートサロン絵画大賞展入選(東京新国立美術館・大阪市立美術館展示)
  • 2020年「県展」と共に歩んだ作家展~福岡県立美術協会80周年記念展~出展
  • 2021年八女市DE’CORにて第2回個展

令和3年 新作 八女盆提灯展

国指定伝統的工芸品である「八女提灯」の令和3年「新作 八女盆提灯展」は、6月5日(土)~8月7日(土)まで八女伝統工芸館1F特設会場にて開催されます。

八女提灯協同組合正規会員8店舗による八女提灯の伝統の灯り・日本の心を守り続ける提灯展です。

 
八女提灯協同組合正規会員所在地マップ/

https://www.google.com/maps/d/u/4/edit?mid=17t1FIeKBno5tKj3AsFZ5Go3zhYg&usp=sharing


6月27日(日)軽トラ市「中止」のお知らせ

6月27日(日)軽トラ市は「中止」となりました。
7月11日(日)&25日(日)の軽トラ市は「開催」予定です。


紙すき体験7月1日から再開

 

手すき和紙資料館(紙すき屋)では「紙すき体験」7月1日(木)から再開いたします。

 

安心して楽しんで体験いただけるように「1回の体験人数を4名」として万全を期しております。

 

紙すき屋で販売しております製品は、スタッフが心を込めて制作しております。ただいまクリスマスコーナーには可愛らしい製品が揃っております。クリスマスの楽しいひと時のお役に立てれば幸いです。皆さまのお越しをお待ちしております!!

 

◼️ 開館時間/9:00〜17:00

◼️ 和紙体験受付 /9:00~16:00(要予約)

 

体験前の注意事項

  1. 体験は予約制(来館または電話)
  2. 一度にできる人数/1組2名様×2組
  3. 制限時間/1組30分(厳守)
  4. 体験は手袋使用(紙すき屋で準備)
  5. マスク着用(マスクは1枚60円で販売)
  6. 発熱・体調不良の方は、お断りさせていただく場合があります。

「文平座 舞台戦国甲冑展」好評開催中

「文平座  舞台戦国甲冑展」はじまりました!!  

719日(日)<9:00〜17:00>まで好評開催中。 

会場は、八女民俗資料館(八女伝統工芸館別館)  

【入場無料】