第7回八女福島仏壇フェア

「第7回 八女福島仏壇フェア ~はじめての仏壇展~」のご案内

 

10月24日(土)~11月8日(日)午前9時~午後5時まで八女伝統工芸館1F&2F特設会場にて開催されます。【入場無料】

 

お問い合わせ先/八女福島仏壇仏具協同組合(TEL:0943-24-3941)

 

八女福島仏壇仏具協同組合ウェブサイト/https://yamebutsudan.or.jp/


はじめての仏壇展

「第7回 八女福島仏壇フェア ~はじめての仏壇展~」のご案内

 

八女伝統工芸館2階に、常設展示「はじめての仏壇」が完成します。展示では、仏壇選びにおいてこれまであまり語られることのなかった仏壇の歴史的な背景や仏具のもつ意味などについて多種多様な仏具・仏壇を交えながら解説を行います。これを機にぜひ産地に足をお運びいただき、生活スタイルに合った仏壇選びにお役立てください。

 

八女福島仏壇仏具協同組合ウェブサイト/https://yamebutsudan.or.jp/


和紙のある暮らし・八女

10月28日(水)~11月3日(火)まで八女伝統工芸館1F開放工房にて『和紙のある暮らし・八女』を開催いたします。開催時間は、9:00~17:00。月曜日は休館日となります。

 

<八女和紙を使ったモノづくり>~"アトリエ Ki to Te" 矢賀部恭子さんのご挨拶~

 

大学4年の夏、八女福島工業試験場にて手漉き和紙の研修を受けました。その時、こんにゃくのり加工を施し、しわをよせた和紙に魅了され、市松模様の和紙間仕切りを作り、卒業研究としました。2009年に八女Uターンして、2011年八女伝統工芸館主催の「和紙原料の収穫体験」に参加しました。その時に眠っていた八女和紙への想いが募りました。

 

和紙は柔らかい。和紙は強い。そして和紙は優しい。そんな和紙が生活のなかに彩りを添え、心を豊かにしてくれることを願いつつ、デザイン性のある、造形美豊かな作品を目指しています。八女和紙を使って制作した作品をより多くのみなさんに、観ていただきたいと思います。

 

atelierkitote(Instagram)/https://www.instagram.com/atelierkitote/?hl=ja


八女手漉和紙大型屏風

新たな常設展示「はじめての仏壇」の工事が進んでいます。完成までの間、普段なかなかお目にかかれない「八女手漉和紙大型屏風」を置いています。

 

第7回八女福島仏壇フェア「はじめての仏壇展」は、10月24日(土)から11月8日(日)まで八女伝統工芸館特設会場にて開催されます!!

改修工事のお知らせ

八女伝統工芸館2階常設展示場は、改修工事のため、暫くの間ご覧いただけません。ご理解の上ご了承ください。