『八女福島仏壇「仏壇大事典」展』<終了しました>

『八女福島仏壇「仏壇大事典」展』のご案内

 

1月25日(水)~29日(日)、MUJIキャナルシティ博多4F”OpenMUJI”にて八女福島仏壇「仏壇大事典」展を開催いたします!!

 

【仏壇を取り巻く豊穣な世界へようこそ】

核家族化の進行に伴い住居空間が変化する中、 その大きさや装飾性が仇となり、 今や一般家庭であまり見かけることのない仏壇。ではどんな“仏壇”であれば、現代の暮らしと共生できるのか――。八女福島仏壇仏具協同組合では、約5年間にわたり「ブツマプロジェクト」に取り組む中で、生活と信仰の「間」について再考し、 媒体としての仏壇のあるべきかたちを探ってきました。 

本展示ではその集大成として、八女福島仏壇をめぐるさまざまなキーワードを実際のモノと一緒に「事典」のフォーマットで紹介。併せて、ブツマプロジェクトを通して開発された「ブツマ仏壇」4種も展示し、プロジェクトで行ってきたリサーチやプロトタイピングの流れなどについて解説を行います。


暮らしに深く根ざし、それがゆえに単なる宗教用具以上の発展を遂げてきた仏壇と、それを取り巻く豊穣な世界。本展示を通し、ぜひその一端に触れてみてください。

 

会   期 / 1月25日(水)~29日(日)

時   間 / 10:00~18:00(最終日15:00まで)

場   所 / MUJIキャナルシティ博多4F”OpenMUJI”< https://goo.gl/maps/z4ekAt6yWjX4hugc7

入場料 / 無料

主   催 / 八女福島仏壇仏具協同組合

企   画 / ブツマプロジェクト

お問い合わせ / info@yamebutsudan.or.jp

 

【八女福島仏壇】

福岡県八女市(旧福島町)を中心とした八女地方で作られ、その産地名を名称に冠した八女福島仏壇。荘厳で華やかな装飾と仏殿楼閣を模造したスタイルが特徴。この地域では、江戸時代後期から仏壇の製造がはじまったとされており、今でもその大半が、木地、宮殿、金具、彫刻、蒔絵、仕上げを担う6部門の職人の分業による手仕事で作られている。1977年、国の伝統的工芸品に指定。

 

【ブツマプロジェクト】

2018年八女福島仏壇仏具協同組合内に発足。組合とともに、TISSUE Inc 、なかにわデザインオフィス、株式会社うなぎの寝床の3社が仏壇のあるべきかたちを探ってきました。2022年より株式会社SAITOも参画しています。

 

https://butsumaproject.studio.site/

 

https://yamebutsudan.or.jp


「八女の陶芸家 五人展」<終了しました>

八女の陶芸家 五人展

八女伝統工芸館1F特設会場にて好評開催中!!

 

星野焼源太窯<山本源太>、星野焼十篭窯<丸田修一>、星野焼錠光窯<山本拓道>、鑑月焼御前窯<渕之上伸一>、男の子焼<柳屋栄

 

【入場無料】展示販売同時開催中!!

令和5年1月31日(火)まで開催。

休館日/月曜日・年末年始(12/29~1/3)


八女の陶芸家5人展<終了しました>

◆◆ 八女の陶芸家5人展 ◆◆

 

星野焼 源太窯 山本源太

星野焼 十篭窯 丸田修一

星野焼 錠光窯 山本拓道

鑑月焼 御前窯 渕之上伸一

男の子焼 柳屋栄

 

期間/2022年12月3日(土)~2023年1月31日(火)

時間/午前9時~午後5時

会場/八女伝統工芸館1F特設会場

休館日/月曜日(1月30日は開館)・年末年始(12/29~1/3)

【入場無料】

※展示販売あり


謹賀新年2023

< 謹賀新年>

 

皆さまのご健勝とご多幸を心よりお祈り申し上げます。旧年中のご芳情に感謝いたしますとともに本年もよろしくお願い申し上げます。

令和5年  元旦        一般財団法人 八女伝統工芸館


未来に奏でる九州発祥琵琶展<終了しました>

未来に奏でる九州発祥琵琶展<琵琶本体と撥(ばち)等の付属品展示とパネル展>

 

展示中の琵琶の糸には触れて、音を出すことはOKです。持ち上げるのはNGです。皆さまのご来場をお待ちしております。

 

期日119日(水)~1123日(水) 

時間9001700

会場/八女民俗資料館(八女伝統工芸館隣接)

展示内容/琵琶楽器4点、撥(ばち)などの附属品、琵琶に関するパネル数点

主催/一般財団法人 八女伝統工芸館

共催一般社団法人 八女国際交流協会

協力/橘流筑前琵琶筑後旭会kochou


ミクロ工芸 石井岳城 相撲決まり手50技

ミクロ工芸  石井岳城

相撲決まり手<50技>

決まり手の名前で綴り描かれた相撲図

 

極小文字ギネスブック公認記録保持者(1985年掲載)である石井岳城さんののミクロの世界をご堪能ください!!

 

「ミクロ工芸 石井岳城」展が、11月11日(金)から開催されますが、その前に「大相撲決まり手<50技>」を先行展たしています。ただの取組図ではありません。虫眼鏡でよ〜く見てみると、1本の線かと思いきや取組名の文字で綴られた線で描かれています。

 

たとえば、「足取り」で見てみると「あしとりあしとりあしとりあしとりあしとり」の文字が連続で書かれています。ひとつの取組図を描き上げるのに、気が遠くなるような根気がいる作業です。

 

ミクロ工芸  石井岳城」展にぜひ足をお運び下さい。お待ちしております!!